兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

環境人間学部/大学院環境人間学研究科NEWS

蜜蜂が蜜源への距離を読み取る仕組みを発見

環境システムコース - 実績/成果

福岡大学理学部地球圏科学科・藍浩之博士、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン生物学部・トーマスバハトラー教授、本学部の池野英利教授が進めた、ミツバチの尻振りダンスに暗号化された距離を検出する神経回路についての研究が、2017年10月9日付の『Journal of Neuroscience』に掲載されました。ミツバチが花の蜜のありかを仲間に知らせる際に「尻振りダンス(waggle dance)」とよばれる特異的な行動を示すことが知られたのは1967年(1973年に同研究はノーベル生理学・医学賞を受賞)ですが、巣の仲間がこの尻振りダンスから、どのようにして蜜源への距離を検出するのかはこれまで明らかになっていませんでした。本グループは、ダンスで生じる特徴的な音から距離を検出する脳の神経細胞及び神経回路を発見しました。

餌場から戻ってきたミツバチは、餌場への距離と方向(ベクトル)を巣の仲間に知らせる尻振りダンスを踊る(白実線は尻振りの軌跡、白点線はスタート地点に戻る軌跡)。尻振りダンスに追従するミツバチの脳内では(左画像の緑四角)、聴覚性神経細胞(右画像の水色、黄色、赤色)からなる回路によって蜜源への距離が検出されます。本研究では、ダンスに追従する蜂がダンスから蜜源への距離を検出する神経機構を、神経生理学と計算神経科学的手法により解析しました。

論文サイト

■関連情報
AXIOS
Neuroscience News
The Japan Times