兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

ゆりの木会活動報告

ゆりのき会 - 実績/成果

☆ 今年もエコフェス開催されます!

エコフェス(学部祭)日程が決まりました。

日 時  令和1年 7月7日(日)
場 所  兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス

皆さまお誘いあわせの上ご参加ください。
昨年のエコフェスの様子については、ホームページにも掲載しております。


☆ 学年代表会開催

日 時   平成31年3月16日(土)
場 所   講義棟F101、102号室

年1回の学年代表の顔合わせである学年代表会が3月に開催されました。
総勢74名の学年代表が一堂に会し、木下会長からの挨拶、前回のアンケート結果報告、会誌部長からの会誌への思いや会誌の作成過程、会員部部長からの作業説明などについての話がありました。

その後、会誌第58号の封入、発送の作業をお手伝いいただきました。
作業後は歓談コーナーも設けられ、お茶を飲みながら和やかに学年を超えての歓談・交流がありました。

正面にスクリーンを設置、作業のかたわら鑑賞もしていただきました。
・エコフェス時の各講座生の作品展示の場面
・エコフェス時のわらべ会による人形劇の公演
・リフォーム講座生によるファッションショー

ゆりのき図2ゆりのき図1



☆ 会誌第58号発送

3月16日に会誌第58号を発送いたしました。

内 容

◦ 経営部長、学生部長の就任
大西経営部長、内田学生部長の言葉

◦ 先生紹介
環境人間学部 坂本薫教授の研究について

◦ 就職奮戦記
学生と卒業生の就職での体験と感じたことなど

◦ フィリピン ボホール州での食育について
食環境栄養課程教授 永井成美先生と学生3名のフィリピン ボホール州における食育の現地での取組について

°学生が国連で発表
環境人間学部 4年生松村友慎さんの国連での討論会での様子

◦ 知事と語る会
くもべラボの活動発表、西脇市産旬食材を生かした市民の健康レシピ開発につ、いて、ゆりのき会田中久美さんより管理栄養士としての日々についての発表など

◦同窓会だより
3名の卒業生より寄稿いただきました。(「第8期生活A・B合同クラス会に参加して」「卒業して50年」)

◦学年代表一覧表

上記のように、盛り沢山の内容でお届けすることとなりました。
ぜひご一読ください。また、原稿、編集などご協力頂きました方々に厚く御礼申し上げます。


 

☆ 知事と語る会

日 時   平成31年4月18日(木)
場 所   兵庫県立大学姫路環境人間キャンパス 大講義室

今年度も、知事による学生への講義の後、知事と語る会が開催され、62名の教職員・学生・ゆりのき会会員が参加し、各活動報告を行いました。
ゆりのき会からは会長、副会長をはじめ16名が出席しました。

井戸知事にはゆりのき会の活動に、日頃よりご理解ご協力いただいております。知事と語る会には毎年お忙しい中お運びくださり、貴重な機会と時間をいただき感謝しております。

発表内容

◦ エコ・ヒューマン地域連携センター
ひょうごとラオスを繋ぐ
乾教授と学部生による、学校建設を通した学生団体CHISE(チーズ)の取組についての発表

◦ 先端食科学センター
坂本教授による企業とのコラボによる高齢者向け炊飯器開発
学生による地域連携活動(西脇市子どもクッキング教室

◦ ゆりのき会活動報告
神戸女子大学名誉教授 土江節子先生
「疾病の治療・予防と管理栄養士の仕事」

神戸大学病院勤務後、教授になられた土江先生の発表では管理栄養士としての仕事として疾病の治療、予防のための食事をいかなる場合でも提供し、また管理栄養士の教育においては多角的知識とともに理念・倫理を必要とし、チーム医療への参画をなされていることなどがスライドを使って発表されました。

ゆりのき<知事図1

井戸知事は、ゆりのき会会員の発表のあとも
興味と関心をもっていろいろ質疑され耳を傾けておられました。