兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

New! う米ぜ!2020 生協から販売開始

先端食科学研究センター - お知らせ

う米ぜ!2020 生協から販売開始

 

環境人間学部では、学生のフィールドワークの一環として、2012年度から毎年、大学ブランド日本酒「う米ぜ!(うまいぜ)」の製造に取り組んでいます。コロナ禍で少し遅れてしまいましたが、今年も「う米ぜ!2020」が完成し、大学生協での販売を開始しました。瓶や箱ラベルも学生がデザインしたもので、2020年度用に刷新しています。

 

名称「う米ぜ!」は、フィールドワークで学生がアイディアを出し合って決まったものです。茨木酒造合名会社(明石市)の協力の下、学生の手で酒米「五百万石」を植え、その後の草取り、稲刈り、酒仕込み、酒しぼりなどの各過程を体験することで、日本酒造りの一連の工程や人と自然との関わりを深く学びます。2018年のボトルラベルから「う米ぜ!」の文字は太田勲学長が揮毫(きごう)したものを使っています。さらに「う米ぜ!」の酒粕を活用した塩飴も、引き続き大学ブランド商品として各キャンパスの生協店舗で販売しており、大人気です。