兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

「う米ぜ!2020」プロジェクト始動

先端食科学研究センター - 実績/成果

5月25日、特別フィールドワーク「農で食育を考える」を履修している学生が茨木酒造(明石市)を訪ねました。まず、杜氏の茨木幹人氏より、日本酒づくりの工程や茨木酒造での取り組みなどを教えていただきました。その後、巨大な酒米の蒸し器やお酒を発酵させるタンク、そして米麹を作るための麹室(こうじむろ)などを見学しました。また、来月予定されている田植えを実施する水田へ移動しました。苗が覆いをかけられ、大切に育成されていたのが印象的でした。
本プロジェクトは、茨木酒造合名会社と兵庫県立工業技術センターの協力を得て、産官学連携のもと実現しており、2012年5月のプロジェクトスタートから本年度で8年目となります。4月には新酒「う米ぜ!2019」の販売を開始しております。本年も引き続き、学生にとって意義深い一年になればと思います。本文中の写真