兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

時間栄養科学研究会開催!

食環境栄養課程 - 実績/成果

 時間栄養科学研究会は、体内時計と食・運動・睡眠に関心のある、研究者(基礎~応用分野)、専門職、教育関係者、院生・学生などの会員で構成され、毎年研究会を開催しています。

 2019年8月21日(水)、第6回時間栄養科学研究会が、兵庫県立大学環境人間学部(姫路環境人間キャンパス)において、永井成美教授を世話役として開催されました。

 睡眠医療の第一人者である三島和夫先生による、睡眠負債と夜型生活が食行動や代謝に与える影響についての基調講演、食と睡眠の良い関係を考えるためのシンポジウム、一般演題16題の発表が行われました。

 北海道から沖縄まで、全国から定員(200席)を上回る220名以上が参加され、演者と会場との活発な議論が行われれました。

 終了後には、旧制高校時代の講堂で、レトロな雰囲気の中で兵庫・姫路の地元料理・名物料理を灘の地酒とともに楽しむ懇親会も行われました。

 


参考資料

CIMG9067