兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

竹端寛准教授が福祉のあり方を問い直す本を2冊出版しました。

社会デザイン系 - 実績/成果

社会デザイン系の竹端寛准教授が『脱「いい子」のソーシャルワーク』『「困難事例」を解きほぐす』を相次いで出版しました。

 

竹端准教授は、「福祉と社会」「ライフデザイン論」「福祉社会学」などの授業で、福祉に関する私たちの思い込みや当たり前を問い直し、生き心地の良い社会になるためにはどうすればよいか、を学生たちと考え合う授業を展開しています。二冊とも、そのような視点が盛り込まれています。

 

『脱「いい子」のソーシャルワーク』では、制度やシステムにとっての「都合のいい子」をやめて、社会的抑圧に向き合うためにはどうしたらよいのか、が論じられています。『「困難事例」を解きほぐす』では、「困った人」「関わりづらい人」とラベルを貼られている人とどのように向き合うことで、よりよい支援が展開できるのか、を具体的に解説しています。

 

この二冊の詳しい説明も竹端准教授が書いているので、よろしければ是非、ご一読ください。