兵庫県立大学 環境人間学部・研究科

NEWS

大江万梨さんが緑化に関する卒論で優秀賞

社会デザイン系 - 実績/成果

2020年3月に本学部を卒業した大江万梨さんが卒業研究として取り組んだ論文が、(公財)神戸市公園緑化協会の神戸みどりの夢基金で優秀賞に選ばれ、表彰されました!

 

大江さんは神戸出身。1年生の頃から地域づくりに関心をもち、地域に関係する授業を受けるだけでなく、兵庫県立大学のコミュニティプランナー育成プログラム※に参加して、姫路の二階町商店街の活性化を目指す取り組みを行うなど、地域での実践活動に積極的に関わっていました。

3年生からは都市計画研究室(太田尚孝准教授)に所属し、地域住民主体の緑化活動について研究を始めました。神戸市の市民花壇制度に着目し、この制度を運用する神戸市役所のみならず、類似制度を有する他自治体へのヒアリングを行い、さらに、この制度を利用する住民団体代表者691名へのアンケート調査も実施して、市民花壇活動が継続的に成り立つ仕組みについて考察しました。

スクリーンショット (6)

大江さんは太田准教授の指導のもと、研究を進めるために、(公財)神戸市公園緑化協会が実施する「神戸みどりの夢基金」の研究助成事業に応募し、研究資金を獲得しました。また、研究成果を(公社)日本都市計画学会において発表するなど、非常に精力的に研究を行いました。その成果が認められ、(公財)神戸市公園緑化協会「神戸みどりの夢基金」から優秀賞をいただきました。

大江さんは現在、緑化に関する研究をさらに発展させるために、兵庫県立大学緑景観マネジメント研究科に進学しています。

 

※コミュニティプランナー育成プログラム

兵庫県立大学と宮城大学が連携して運営していた地域人材を育成プログラム。兵庫県立大学では地域創生人材教育プログラム(RREP)として引き継がれています。

 

関連リンク

環境人間学部都市計画研究室(太田ゼミ)

平成31年度 神戸みどりの夢基金 調査研究支援 提出報告書について